イラスト中級コース

Illustration イラスト中級コース通信講座

プロからしっかり学ぶ

ここ最近キャラクターイラストの活躍の場は、広告業界のみならず、さまざまなシーンに広がっています。企業の顔として、あるいはイベントの進行役としてポップキャクターが使われ、玩具用に産み出されたキャラクター以外にも、このような企業マスコットキャラクターなどがグッズ化され、大ヒットしています。
このコースでは、キャラクター制作のコツをプロのイラストレーターから学ぶことができます。

イラスト中級コースの特徴

イラスト中級コースを通信講座で学ぼう!
基礎から学べるアートスクールの通信講座、イラスト中級コースとは?

  • Point 01

    受講生それぞれにあわせた
    丁寧な添削

    作品の上にトレーシングペーパー(もしくは、原画をコピーしたものに添削)をかけて添削いたします。実際に描いたものに赤ペンでチェックし、先生がみなさんの作品を見ながら作品例を描くことも。プロの講師からの、みなさま一人ひとりに合わせた丁寧な指導で、どんどん上達していけます。

    受講生それぞれにあわせた丁寧な添削
  • Point 02

    現役のプロが添削。
    直接の指導も。

    講師のほとんどは、現在も作家活動しており、教室でもたくさんの生徒を受け持っているプロ。イラスト中級コースでは、その講師から計10~12回の添削を受けられます。また、当通信講座では、担当講師から直接授業を受けられる『スクーリング』制度をご利用いただけます。計5回のスクーリングで、課題の復習や苦手とする技術の直接指導を受けることができます。

    現役のプロが添削。直接の指導も。
  • Point 03

    プロが監修した、
    わかりやすい教材

    テキストは当通信講座オリジナル。1つずつ課題をクリアして、一歩一歩上達していきましょう。また、講座内容は初級・中級・上級があり、初級からクリアしていき着実にステップアップしていけます。もちろん、中級以上からお申込みもしていただけます。コースに迷われている方は、資料請求時についてくる「アンケートシート」で無料添削と相談が可能。お気軽にご相談ください。

    プロが監修した、わかりやすい教材
  • Point 04

    描きやすく、実用的な画材

    プロの講師が、実際に使って選んだ、より実用的な画材をお送りいたします。お申込みしていただくコースによって画材セットは異なり、それぞれに適した画材セットをご提供いたします。※画材セットをつけないお申込み内容もございます。詳しくは受講料金にて。

    描きやすく、実用的な画材

カリキュラム

何を描いていいのか分からない。アイディアを上手く形にできない。
でも大丈夫!基礎からじっくり学ぶことによって、
自然とカタチになっていきます。

  • Step 01

    模写

    模写

    ペンによるモノクロ課題、ペン・水彩絵の具によるカラー課題

    動物の写真を見ながら、黒ペンを使って色はつけずに黒一色のみで仕上げる模写をするモノクロ課題と、まず鉛筆で下描きし、ペンでなぞり、水彩絵具で着彩するカラー課題に取り組みます。

  • Step 02

    複合キャラクター

    複合キャラクター

    与えられたテーマを「組み合わせて」オリジナルのキャラクターを作ります。

    アイデアをスケッチから始め、水彩絵具で着彩して完成させます。キャラクターは全部で4体考案し、課題制作用紙に描いてください。

  • Step 03

    動物キャラクター

    動物キャラクター

    好きな動物を素材にしたキャラクターを作ってください。

    その動物の特徴、一般的イメージを考え、形をシンプルにまとめます。表情を擬人化 させると、生き生きとしたキャラクターになります。自分の描きたい動物が「いかにもしそうな」表情、ポースなどを考えて魅力のあるキャラクターに仕上げてください。

  • Step 04

    デフォルメ

    デフォルメ

    走る動作をデフォルメしたキャラクターを描いてください。

    デフォルメとはキャラクター等のポーズや表情を普通よりも「大げさに」表現することで、より、そのキャラクター「らしく」見せる技法です。「オーバーなアクション」を意識してできるだけ大げさに描いてみてください。

  • Step 05

    表情【笑う・泣く・怒る】

    表情【笑う・泣く・怒る】

    「ノーマル」「笑う」「泣く」「怒る」の四つの表情を描いてください。

    落書き帳などにアイデアスケッチを描きながら、ノーマル時のキャラクターを決定します。それができたら、自分で鏡に顔を映しながら「笑う・泣く・怒る」という表情をスケッチしてください。前の課題を思い出し、デフォルメを効かせるとより生き生きとした表情が作れます。

  • Step 06

    タッチの描き分け

    タッチの描き分け

    スポーツ・動物・行事など同一テーマで2つの異なるタッチのキャラクターを描いてください。

    実際のイラストの仕事では、カラー、モノクロ、マンガ調、版画調、コミカル、シリアスなどさまざまなタッチ(作風)を求められます。イラストレーターはこれに応えるため、複数の違う印象を与えるスタイルを持つ必要があります。上のイラストのように線に変化をつけるだけでもタッチの差は生まれます。

  • Step 07

    人物キャラクター

    人物キャラクター

    人物の同一キャラクターを頭身を変えて2体描いてください。

    キャラクターの頭身の違いで見た人に与える印象が違ってきます。前回の課題と同じく、これもまた描き分けのひとつの方法として、身につけておきましょう。

  • Step 08

    オリジナルキャラクター制作

    オリジナルキャラクター制作

    キャラクター達が住む世界を想像し、背景を含めた、イラストを完成させましょう。

    シンプルな線で構成されたキャラクターでも、しっかりとした性格や世界観を与えることで生き生きとした存在感のあるキャラクターをつくり出すことができます。

受講生・卒業生の声

  • グラフィックデザインコース 修了生
    馬服幸司さん

    デザイン会社就職
    大阪玩具協同組合玩具キャラクター募集「最優秀賞」受賞、商品化

    実は、グラフィックデザインコースに入校する前に、美大受験の時もアートスクールにお世話になったのですが、講師の皆さんの的確な指導のおかげで、志望校に現役合格することができました。今回もアートスクールで学んだおかげで、自分にあった仕事を見つけることができました。アートスクールを選んだのは、就職のためのデザインのスキルを短期間に習得できると考えたからです。自分のペースで進められる個人指導も魅力でした。プロのデザイナーでもある講師の皆さんの直接指導してもらえるので、就職への近道だと思いましたし、志望する業種や企業に合わせて、課題を作ってくれたので、ヤル気と集中力が続きました。
    就職した今は、スクールで学んだことを土台に毎日が勉強です。アートスクールは、夢を形にするところです。皆さんも是非、がんばってください。

    馬服幸司さんの作品

生徒作品

講師からのメッセージ

  • 物を売りにするためには、自分が作ったものを使ってくれる相手のことを考えないといけないです。
    ターゲットやコンセプト をしっかり決めて制作をしてみましょう。自分が描いた絵やデザインをグッズにする楽しさを是非感じてみてください。

    金 宝恩 講師
    金 宝恩 講師

    京都工芸繊維大学修士卒業の後、博士課程でデザイン学を勉強しながら、制作を行う。

イラスト中級コース

クリエイターとしての第一歩
あらゆる表現を生む手描き力を、ここで

イラストレーションは、大多数の人達へ、またある特定の人へ、
情報や想いを伝えるための方法の一つです。
つまりイラストレーターは、あらゆる情報を視覚的に伝えることがお仕事というわけです。

資料請求

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス