イラスト上級コース

Illustration イラスト上級コース通信講座

本格的なプロのイラスト技法をマスター
クライアントの要望に応じて描きわける

イラストレーターとして長く活躍するためには広告・編集・商品化すべてのケースに備え、クライアントの要望に応じて描きわける力が必要です。イラスト上級コースでは、さまざまなイラスト技法(テクニック)をマスターしていく中で、自分の作風や仕事に必要な描き分けや技術を身につけることができ、本格的にプロのイラストレーターをめざす方にとっては充実したカリキュラムになっています。

イラスト上級コースの特徴

イラスト上級コースを通信講座で学ぼう!
基礎から学べるアートスクールの通信講座、イラスト上級コースとは?

  • Point 01

    受講生それぞれにあわせた
    丁寧な添削

    作品の上にトレーシングペーパー(もしくは、原画をコピーしたものに添削)をかけて添削いたします。実際に描いたものに赤ペンでチェックし、先生がみなさんの作品を見ながら作品例を描くことも。プロの講師からの、みなさま一人ひとりに合わせた丁寧な指導で、どんどん上達していけます。

    受講生それぞれにあわせた丁寧な添削
  • Point 02

    現役のプロが添削。
    直接の指導も。

    講師のほとんどは、現在も作家活動されており、教室でもたくさんの生徒を受け持っているプロ。また、当通信講座では、実際に添削してくれている講師に直接指導を受けられる『スクーリング』を受けられます。計5回のスクーリングでは、課題の復習や苦手とする技術の直接指導等の他、通学コースの各種セミナー(HPのセミナー欄をご参照ください)を受講することもできます。

    現役のプロが添削。直接の指導も。
  • Point 03

    プロが監修した、
    わかりやすい教材

    テキストは当通信講座オリジナル。1つずつ課題をクリアして、一歩一歩上達していきましょう。また、講座内容は初級・中級・上級があり、初級からクリアしていき着実にステップアップしていけます。もちろん、中級以上からお申込みもしていただけます。コースに迷われている方は、資料請求時についてくる「アンケートシート」で無料添削と相談が可能。お気軽にご相談ください。

    プロが監修した、わかりやすい教材
  • Point 04

    描きやすく、実用的な画材

    プロの講師が、実際に使って選んだ、より実用的な画材をお送りいたします。お申込みしていただくコースによって画材セットは異なり、それぞれに適した画材セットをご提供いたします。※画材セットをつけないお申込み内容もございます。詳しくは受講料金にて。

    描きやすく、実用的な画材

カリキュラム

課題全体には、ある程度イラストを描ける上級者を対象としていますので、

プロとして活躍するためのトレーニングを考慮して出題しています。

  • Step 01

    ペンによるモノクロの模写

    ペンによるモノクロの模写

    黒ペンを使い、身の回りの工業製品を白黒のみのイラストで描きます。

    イラストにしたい工業製品を用意します。大きいものは写真でも構いません。落書き帳などにスケッチをしながら、徐々にシンプルな線になるように整えていきます。アイディアスケッチがまとまったら、課題制作用紙に鉛筆で下書きし、ペンでなぞって仕上げます。

  • Step 02

    ペン・水彩絵の具による模写

    ペン・水彩絵の具による模写

    サンプルを参考にして好きな野菜・果物を水彩画風に仕上げます。

    イラストにしたい野菜・果物を用意し、課題制作用紙に鉛筆で野菜・果物の大まかなスケッチをします。あまり筆圧を入れず、軽いタッチで描きます。鉛筆線をペンでなぞります。少々歪んでも構わないので、線の勢いを大事に描いてください。絵具を薄く水で溶き、線からはみだしてもいいので大胆に色をつけて完成です。

  • Step 03

    写真からイラストを描きおこす

    写真からイラストを描きおこす

    写真をもとに「楽しいイメージのキャラクター」を考え描きます。

    写真を見ながら、落描き帳などにアイデアスケッチを描きます。アイデアスケッチの中から、気に入ったものを選び課題制作用紙に鉛筆で下描きします。下描きができたら、ペン入れ・着彩をして完成させます。

  • Step 04

    シンボリックイラスト

    シンボリックイラスト

    身の回りのものをテーマに、マーク的にシンボライズしたイラストを描きます。

    カタチを特徴をとらえて、できるだけ単純化させます。落描き帳などにアイデアスケッチを描いて、デザインを整えていきます。アイデアがまとまったら、鉛筆で下描きをします。絵具を濃いめに使いそれぞれ1色(べた塗り)で仕上げます。

  • Step 05

    似顔絵の描き方

    似顔絵の描き方

    雑誌などから有名人の写真を選び、似顔絵を描きます。

    髪型、目・鼻・口など顔のパーツ、顔の輪郭などの特徴をとらえて、自分なりにデフォルメしてください。落描き帳などにアイデアスケッチを描きながら、「似てる」と思うまで何度も描き直してください。

  • Step 06

    文章に対する挿し絵

    文章に対する挿し絵

    文章に合う挿し絵(カット)を描きます。

    文章から浮かんだイメージを落描き帳などにいくつかスケッチしてください。アイデアスケッチから、気に入ったものを課題制作用紙に、鉛筆で下描きします。自分のイメージする絵に仕上げてください。

  • Step 07

    時事ネタに対する挿し絵

    時事ネタに対する挿し絵

    身近なニュース(政治・経済・スポーツ・芸能)を題材にした挿し絵を描きます。

    ニュース、新聞などから描きたい題材を探します。落描き帳などにスケッチをしながら、アイデアをまとめていきます。アイデアスケッチがまとまったら、課題制作用紙に鉛筆で下描きし、自分のイメージする絵として仕上げます。

  • Step 08

    イラストマップ

    イラストマップの制作

    あなたの家や職場から、最寄り駅までの地図をイラストマップとして描きます。

    落描き帳などに自分の家や職場から最寄り駅までの地図を文字とおおまかな線で描いてみます。イラストとして分かりやすく、楽しく見ることができるように道などを整理し、目印となる建物などをイラストで描いてみます。アイデアスケッチで、だいたいの感じがつかめたら、イラストとして完成させてください。

  • Step 09

    ファッション的な人物イラスト

    ファッション的な人物イラスト

    ファッション誌から好きなポーズの人物の写真を選び、イラスト化して描きます。

    ファッション誌から好きなポーズの人物の写真を選び、落描き帳などにスケッチしながらイラストとしてまとめていきます。顔極端に小さく、手足を極端に長く描くと、スタイリッシュなファッションイラストの雰囲気がでます。写真からのイラストがだいたいまとまったら、違うイメージのオリジナルコスチュームもあわせて考えてください。

  • Step 10

    ポストカード制作

    ポストカード制作

    雑貨店などで商品にする事を想定した、ポストカードを制作します。

    落描き帳などに、ポストカードのアイデアスケッチを描きます。3枚セットで同時にアイデアを考えます。アイデアがまとまったら、一枚ずつ下描きをしていきます。ハガキの1.5倍の大きさ、15cm×22.5cm(縦位置・横位置は自由)の枠線を鉛筆で引き、その範囲内に描きます。鉛筆で下描きを終えたら、自分のイメージでイラストを完成させていきます。

受講生・卒業生の声

  • イラストコース修了生 津村由美子さん

    デザイン制作会社に就職決定

    アートスクールでは自分自身のスキルアップだけでなく、新しい友達もできたり、先生方から指導以外の色々な話(先生方が経験された実際の仕事の話など)も聞くことができて、入校してよかったと思っています。教室での受講生はみんな自分の課題制作に真剣に取り組んでいますが、その過程で、先生とのコミュニケーションもあって楽しくて良い雰囲気です。自分だけで描いていたら、そこまで詰めずに描いてしまうかもしれない所でも、先生が「ここはこうすれば、もっと感じが出るよ」という風に指導もして下さるのでとても勉強になります。おかげさまで、イラストを描く時に自分のしたい表現により近づけられる様になってきたと思います。もっともっとイラストに自分の個性が出せるようにしていきたいです。
    もし、自分が将来かなえたい夢があるなら、思い切って、まずはじめてみることが大切だと思います。

生徒作品

講師からのメッセージ

  • 子供の頃から絵を描くのが好きでした。
    将来はイラストレーターになるのが夢でした。

    頑固な私は、『絵』以外をお仕事にするのが嫌でした。不器用なので、挫折や失敗も、たくさんしました。でも、描く事をやめないで、本当によかったと思います。だって、子供の頃の夢がかないましたから…。

    富畑 満理枝 講師
    富畑 満理枝 講師

    大阪芸術大学芸術学部美術学科絵画専攻卒業 イラストレーター事務所を経て、ステーショナリーメーカーに就職。おもにファンシーキャラクターの制作に携わる。以後フリーで活動。

イラスト上級コース

本格的なプロのイラスト技法をマスター

イラストレーターとして長く活躍するためには広告・編集・商品化すべてのケースに備え、クライアントの要望に応じて描きわける力が必要です。このコースでは、さまざまなイラスト技法(テクニック)をマスターしていく中で、仕事につながる技術を身につけることができ、本格的にプロをめざす方にとっては充実した内容になっています。

資料請求

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:30 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス