ゲーム・コミックイラストコース卒業生 海瀬 桜さんインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

非常に意欲的に課題をこなされ、ゲーム・コミックイラストコース(中級)を修了された「海瀬 桜」さん。
その作品の描き込みの丁寧さには講師からも定評があり、今回インタビューをさせていただくはこびとなりました。
また、まずは初級コースである基礎デッサンコース・イラスト初級コースをW受講されてから、ゲーム・コミックイラストコースにお申し込みされた海瀬さん。その経緯などもお聞きしました。

Q.通信講座に申し込むに至ったきっかけは?

まず、初級カテゴリ受講後に、自分の絵をレベルアップさせたいと中級カテゴリを選択しました。
その後、「尊敬している絵師さん達が全員ゲームの原画を描いている(いつも原画というわけでもないけれど)し、興味をより惹かれるのはこっち(ゲーム・コミックイラストコース)かな」と決めました。

アートスクールの通信講座を選ばれた決め手はなにかありますか?

価格の安さが決め手でした。
また、資料請求の段階で、「複数の初級カテゴリを選択して幅広く学んだ後に中級カテゴリに進むことが出来る」という点も判断材料になりました。

Q.初級カテゴリと中級カテゴリ、実際課題をこなしてみて、感想をお聞かせください。

中級カテゴリ受講にあたり、質感表現・線のタッチなどは初級カテゴリで学んだことを思い出しながら実施していたので、役に立っていたと思います。

Q.印象に残っている課題はありますか?

ゲーム・コミックイラストコース課題5(1回目)です。「同一人物に地味コスチューム・派手コスチュームを着せよう」というもので、
「共通点を持たせながら全くの別物(地味、派手)にすることは可能か?
色遣い・スクリーントーンで誤魔化すのも禁止でどこまでやれるだろうか」と謎の勝負意識が燃えた結果、自分ではお気に入りの一枚になりました。(地味コスチュームの少女の腕が少しおかしいですが)

また、「背景についても何とかせねば」と痛感させられた課題4(ゲーム・コミックイラストコース)が印象深いです。※

※海瀬さんが当時受講されていた課題内容です。現在の課題内容とは異なる部分があります。

Q.受講して、今の絵に生かされていることなどはありますか?

生かされています。
添削結果から興味が湧いた資料本を購入・読書中だったり、漫画や絵を拝見する時にデッサン狂いなどに(以前より)気づくようになりました。

そのせいか興味を惹かれる対象が若干変わったようです。
また、日常的な絵の練習内容・結果が段違いに変わったように感じています。感謝です。

Q.アートスクール通信講座の魅力は何だと思いますか?

資料本や、根拠と共に添削してくれた点です。おかげさまで自分の理解不足に気付き、現在は理解を深めるために頑張り中です。
あと価格が安い方だと思います。

Q.今後どういった絵を描いていきたいですか?

現在はストーリー性はあっても弱いことが多いので、強いストーリー性を持つ絵を描いていきたいです。また、イラスト投稿誌へのイラスト投稿を始めようと思います。

アートスクール通信講座の修了、おめでとうございます。
海瀬 桜さんの今後の作品がどうなっていくのか、楽しみですね。
インタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

アートスクール通信講座 ゲーム・コミックイラストコースの詳細はこちら!

ご相談・お申込、気軽にお電話ください! [フリーダイヤル]0120-27-4154 [電話受付]11:00-21:00 [メール受付]24時間
メールでのお問い合わせはこちら
資料請求無料体験
アートスクール大阪へのアクセス